家庭とのコミュニケーションが取れるか

個人契約の家庭教師の中には、指導力がありお子さんの成績をグンとアップしてくれる家庭教師であっても、保護者とのコミュニケーションがあまりうまくなく、どういった指導を行っているのか不安という声もあります。

学力を向上させてくれるのはもちろんですが、家庭では、中学受験に備えてそれ相応の指導ができているのかという事が気になります。お子さんが無理なく勉強できているのか、スケジュールはどうなっているのか、こうしたことを家庭にしっかり伝えるのも家庭教師としての仕事です。

家庭教師は、塾での学習とは違い、そのお子さんの自宅にお邪魔して指導するという形態です。そのため、どのような計画がありどういったスケジュールで指導し、基礎学力から応用力までどのくらいの期間で向上させていこうと考えているのか、なども、保護者にしっかり伝えておくことが大切です。保護者としても、今どういう感じでしょうか?と気軽に聞ける家庭教師の方が安心です。

人対人、ですから、コミュニケーションがしっかりとれる信頼できる人材であることも、家庭教師に求める資質となるでしょう。小学校から中学校という大切な時期の指導を行う家庭教師ですから、妥協なく、家庭とのコミュニケーションもしっかりとれる家庭教師を選びましょう。