家庭教師との連携をよく考えて

中学受験は、家庭全体でフォローしていくことを考えなくてはなりません。高校受験にしても大学受験にしても、この年代くらいになれば、自分が行きたいところを目指して頑張っているという感覚があるので、一人でも頑張れますが、中学受験では保護者の方が受験を決めてお子さんに「頑張らせる」傾向が強いので、保護者がつかず離れず、良い距離でフォローしていくことが必要なのです。

家庭教師と保護者が連携しあい、いい関係にあるとお子さんの勉強もいい方向に進みます。家庭教師がお子さんに一生懸命になり、勉強の問題点や学習に対する意欲をどのように向上させていくかをしっかり考える、家庭ではお子さんが集中力をもって学習に挑めるよう生活リズムを崩さないように協力する、こうした家庭教師とうまくタッグを組めているほど、お子さんはのびのび学習でき、成績にも反映されてきます。

中学受験は小学生のお子さんがチャレンジする受験です。大人になりかけ、思春期のお子さんが自分の意志をもってチャレンジする受験とはまた質が違います。また中学受験の歴史が浅いため、家庭教師が少なく、随時情報をキャッチして学習に活かしていくことが重要です。

お子さんと家庭教師、家庭教師と家庭がしっかり同じ方向を向いて中学受験に立ち向かっていくことが合格への道となります。