伸びる子伸びない子

中学受験を控えて家庭教師を利用し、成績がぐんと伸び、このままいけば中学受験の合格も大丈夫だろうとされる結果を出している子どもと、家庭教師を利用しても全く成績がアップせず、中学受験は無理かも?と思う成績のお子さんがいます。同じように家庭教師を利用しているのに、なぜ片方はよくて、片方が悪いのか、それは相性によるものです。

家庭教師は1対1の指導になるので、消極的なお子さんもしっかり指導を受ける事ができるといわれます。慣れてくれば質問できるようになるし、苦手科目も克服しやすいなど利点が多いはずなのに、なぜ?うちの子は成績が伸びないのか、その場合、家庭教師との相性を考えてみるべきです。

1対1でもお子さんが苦手と思う相手だと、質問もできませんし、勉強についての悩みを相談する事もできません。消極的なお子さんだとこの先生いやと思っても、せっかく親がお金を出してくれているのに、無理は言えないと嫌な先生でも我慢して指導を受けていることがあります。

家庭教師派遣の会社によっては、お子さんとのマッチングがあっていない場合、途中で交代させるという事も行ってくれますし、通常、家庭から成績が一向に上がらないのでチェンジを、といえば、家庭教師を変えてくれるはずです。

家庭教師を利用しているのに伸びる子、伸びない子がいるのは、お子さんとの相性もありますので、家庭教師を依頼しているから大丈夫と放っておくのではなく、その経過もしっかり確認する事が重要です。