1対1の指導の利点

小学生の段階で勉強する事が嫌い、学校の先生の話を聞いていてもわからないとなると、その先の学年になったとき困るのは子供本人です。小学校から中学になって、勉強しなければならない時期になれば、自然と勉強するようになるだろうなんて考えるのは正直、甘いです。まして、中学受験を考えているなら、今、苦手科目をなくし勉強する事が苦痛ではない状態に持っていくことが必要です。

その為に集団塾ではなく、家庭教師や個別指導塾がオススメです。多分、集団指導塾に行っても授業内容がわからずますます勉強が嫌いになるでしょう。1対1の指導で、お子さんが分らないと思う事を理解し、どこからわかるのかを理解してくれる家庭教師なら、勉強に興味を持たせる指導ができます。

家庭教師の中でも、お子さんの指導について細かく指導スケジュールを組み、そのお子さんにあった指導を心から真剣に考えてくれる家庭教師が理想です。個人契約の家庭教師の場合はその家庭教師の資質を見極める必要があるので、できれば、家庭教師の指導方法を学んだ指導経験がある家庭教師がいいでしょう。

お子さんが分らないと思う点をとことん突き詰め、どこから指導を行えばいいのか、丁寧に指導してくれる家庭教師を選ぶ事が重要です。