中高一貫教育が多くなっている

家庭教師など1対1の指導をしてほしいと考える保護者が多くなっている背景には、中学受験が必要な中高一貫教育校に入学させたいと考える保護者が増加傾向にあるという点が挙げられます。中学受験を考えるためには、家庭教師などのきめ細かい配慮が出来る、お子さん一人の為の指導が魅力的と考え、より質の高い家庭教師が求められています。

中高一貫教育校の受験は中学受験の中でも難しいといわれており、レベルの高い学習が必要となります。家庭教師を依頼する多くのご家庭では、小学校3年生、4年生という中学年から家庭教師を利用するというご家庭もあります。

中学受験の合格を目指すためには、毎日しっかりと勉強する癖をつける事、予習復習のほか、レベルの高い勉強をすることに慣れておく必要があります。そのため、家庭教師を依頼し早い段階で苦手科目をなくし、一定のレベルまで学力を向上させておくために、小学校中学年くらいから家庭教師をつけて、学習するリズムを付けておきたいと考えているのです。

中高一貫教育は高校受験を受けるというストレスなく過ごす事ができるため、6年間、共通した質の高い教育を受ける事ができ、身に付く学習になるといわれています。大学受験に向けて、将来なりたい職業についてゆっくり考え、しっかり学習できる環境をめざすため家庭教師が選ばれています。