中学受験のレベルとは

小学校からは通常、地域の公立中学校にそのまま進学します。最近は公立中学校に行くのではなく、個性的な教育、質の高い教育を行っている私立中学や中高一貫教育など、中学受験を経て中学に進学するお子さんも多くなっています。

中学受験があるという事を知り、より質の高い魅力的な教育を受けさせてあげたいと、中学受験を考慮させる保護者の皆さんには、中学受験のレベルをよく理解しておいてほしいのです。中学受験を行う中学はいろいろあり、中学によってレベルも様々ですが、ほとんどの学校の中学受験が入試について高いレベルの入試問題を出題しています。

どのくらいのレベルが必要なのかという事は、各学校によって違いがありますが、「小学校の教科書」レベルではほとんどの学校の受験において追いつかないと考えておく方が無難です。スポーツや芸術などに特化した中学受験の推薦入試なら別ですが、高校受験などとは違い、通知表よりも入試の学力テストに重点を置く学校が多いので、中学受験こそ「実力主義」です。

そのため、家庭教師や塾などの中学受験に特化した指導が必要となり、こうした指導を受けていなければ中学受験の成功はなかなか難しいと考えておく方が無難です。お子さんの性格をよく理解し、家庭教師など中学受験に利点の多い指導を選びましょう。