個別指導塾のメリット

中学受験を控えたお子さんの中でも、個別指導塾を利用されるお子さんは多くなっています。集団塾などを経営する塾の中で、個別指導を設けているところもありますし、個別指導だけに特化して営業している塾もあります。

個別指導塾は講師1人に対し児童1人、若しくは2人、3人程度の少人数制で行う指導です。少人数制なので子供の性格、学力、勉強の仕方、苦手、得意科目などを把握しやすく、勉強のスケジュールや指導に関しても担当する児童一人ひとりについて、細かく考える事ができるため、成績向上に結び付きやすいといわれています。

また苦手科目があるお子さんには、苦手になってしまった原因箇所まで戻って学習をやり直すという事も可能なので、苦手科目克服にもつながります。勉強が嫌いというお子さんも、わからなくなったところに立ち返り、無理に詰め込むのではなく、基礎部分をゆっくり理解させるところから指導できるため、学力向上につながります。

1対1、若しくは少人数制なので、講師に慣れてくれば質問などもできるようになります。ただ家庭や学校など慣れている場所以外が苦手、他の生徒がいるところに行くとたとえ1対1でも委縮してしまうというお子さんは、家庭教師など自分が一番慣れている環境で指導する方法の方がいいでしょう。