お子さんは決められない

高校受験や大学受験では、お子さんが自分の希望する学校を選びその学校の受験のために勉強し、塾に通い、家庭教師に指導してもらいたいと考えます。でも、小学校からこの中学校にどうしても行きたいと考えるお子さんは少ないでしょう。志望校が小学生で決まっている場合も、親御さんがこの中学校に行くと将来が楽になるとか、この学校は良い学校だとか、この学校に行くことが当たり前という生活を送ってきたのがほとんどで、お子さん自身が中学の質を知り、この中学を受験したいと思う事はほとんどないと考えられます。

小学校という年代でお子さんが自分自身で進路を決めるのは無理です。よほどでなければ進路の選択はできません。塾にしても家庭教師にしても、その選択をすることはもちろんの事、お友達はほとんどが公立中学に行くのに、どうして自分だけが受験して他の中学に行かなければならないのか、疑問に思う事がほとんどです。

それでもお子さんの将来を考慮し、中学受験を考えるのならお子さんに中学受験をすることの意味を少しでも説明し、保護者の方が決定していくしかありません。中学受験までのレールは、保護者がほぼ決定することその為の家庭教師なども親がお子さんにあったところを探してあげる事が重要です。