学校の授業だけで十分?

公立中学校は、受験なども必要なく、地域にある公立中学校にそのまま入学できます。病気などで出席日数がとても足りないという状態でなければ、通常、公立小学校から公立中学にあがっていきます。でも私立中学や中高一貫教育などの学校に行きたい場合、中学受験を受けて合格したお子さんが入学できます。

いずれにしても小学生が私立中学や中高一貫教育など公立中学校以外に進学を考える場合、気になるのがお子さんの学力です。どの程度の学力があれば入学できるのか、中学受験に合格できるのか気になります。

小学校から中学校に行くのだから、小学校の普段の授業の理解があれば、成績が良ければ問題なく合格するのでは?と思うのは間違いです。中学受験を行う学校にもそれぞれあり、通知表や学校長の調査書などが必要なところもありますが、通常、合格の決め手となるのが学力テストである入試です。

この学力テストは、小学校の授業を行っていれば、成績が良ければだれもが解ける問題ではありません。それ以上の問題がでてきます。小学校の教科書のどこにも出てこない難問が出題されるところも多いのです。そのため、家庭教師や塾などの存在が大きくなります。お子さんにあった学校外の指導先をどう選ぶのか、これは中学受験をするために大きなポイントとなります。